ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 

Mシュナウザー"パセリ&ポプラ"とアウトドアではキャンプやカヌー、インドアではアートやクラフトを楽しんでいる毎日を綴っています。

甘えん坊主~ てんかんっ!?

richa, · カテゴリー: 2008年, 健康, 病気・怪我 · タグ: , , , , , ,

足をケンケンするようになって早2週間。
抱っこ大好きなポプラは、ますます抱っこ大好きで、
抱っこしないとヴーっとおこり、
抱っこすると「おいまちぇんっ」としがみついておりてくれません。

ケンケンするのはまさか甘えてるから?なんて疑問まで持てるほど甘えん坊主になっています。

そして、今朝。
薬をチーズと一緒に呑ませてすぐの朝ごはんを食べず(時々食べないことがありますが)、様子を見ていたのですが…。

クッションの上で寝ていても、立っていても、左後ろ足がほんの少しぴくぴくと動いているように見えます。

気になってずっと見ていると、
室内でエアコンも付いているのに、
寒くて体温上げるときのように全身がぶるぶると震えてきました。

寒がりなポプラですから、パセリが全然平気なときでも、しかも室内でもときどき震えることがあります。
でも、いくらなんでも温かくなっている部屋の中で?と不安になってしまったわたしたち。薬の副作用のことも気になっていましたから(RIMADYL(リマダイル)の副作用って!?)なおさらです。

病院に電話すると、看護士さんが出ました。

「先日頂いてきた薬を呑ませて1時間しないくらいの内に震えだしたのですが、薬の副作用ということはないでしょうか?」と聞くと、
「薬はなんという薬ですか? 」と聞かれました。

慌てていたわたし、目の前にあったPCでなぞなぞポプラ~ポプラの後ろ左足を見て、薬の名前を告げました。領収書には調べた薬の名前を書き込んでいますが、すでにファイリングした後だったので出すのが面倒だったのです。薬の袋にもかかれていませんし、薬自体を見てすぐ読めるほどの大きさでは書かれていないリマダイルなのです。

カルテで調べれば薬の名前はわかることなのに…。

「先生に聞いてみます」と電話口から離れて、先日診てくださった先生に変わりました。

先生曰く、二種類の薬の副作用はいずれも消化器系に出てくるものとのことで、わたしも調べて知っていたことだけでした。
震えは電話をしている最中に治まって、5-10分程度だったと伝えると、「てんかん」の可能性があると言われました。

電話で伝えただけですから、診断は難しいでしょうけれど…

薬の副作用で震えは出ないということ、
てんかんの原因と左後ろ足の原因は重ならないこと、
次に検査するとしたら血液検査とMRIであること、
以前の検査結果でGPTが少し高いことも関係ないこと、
気になるなら薬はいったん止めてもいいこと、
また時間を置いて呑ませてもいいこと、

が、わかりました。

電話でいろいろお話伺えたことは、助かりました。

11月上旬の暖かさという昼間、パセリだけお散歩と思っていましたが、
ポプラもときどき抱っこで一緒に出かけてみました。
そうやって歩いて、せっかく戻った分悪化したのもあったので慎重になってしまうのですが…。

朝ごはんは気に入らなかったみたいですが、他にあげる物はみんなぱくぱく食べるというわがままぶり!?
あのときはちょくよくがなかったんでつっ

捻挫を疑っているんですけど甘い考えでしょうかぁ^_^;

※なぜか下書きのままになっていました。公開は2010.06.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA