ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 

Mシュナウザー"パセリ&ポプラ"とアウトドアではキャンプやカヌー、インドアではアートやクラフトを楽しんでいる毎日を綴っています。

懐かしいペリカン

richa, · カテゴリー: グッドグッズ!?, その他 · タグ: , ,

2月13日に書いていたのですが、今頃アップです^^;

* * *

ここ数日タイムマシンに乗ったかのように過ごしています。

羽鳥書店まつりに日参したり、「Book Market 2010」(アノニマ・スタジオ編)を訪ねてみたり、と古本に触れていることもありますが、昨晩は親友E子からの電話で長話をして一気に10代まで遡っていました。

しかし、昨日、E子と知り合うよりずっと前の、一桁の歳のときに出逢っていたものに偶然再会する、という機会があったのです。

それが、ペリカン

昨日のことです。

Book Market 2010」(アノニマ・スタジオ編)に向かう車の中から見ていた風景の中に、そのマークは幼い日に馴染んでいたマークが飛び込んできました。

今となってはいかにも「昭和」を感じさせるような、ペリカンの横顔をマークにしたケーキ屋さん。
我が家ではそのケーキ屋さんのパンが大好きでした。

普通の食パンよりふた周りほど小さくて、3斤か4斤ほどある細長い食パンを妹と抱えて家までの坂を登って帰ったものです。

母が好きなケーキは、普通のケーキより小さくて、正方体のココアパウダーが振り掛けらた小さなムラサキツユクサのような花がひとつデコレーションされていたショコラ(?)とか言うケーキ。
わたしが好きだったのはミルフィーユ。カスタードクリームを挟んだ何層にも重ねられたパイ生地を横にして、ココア味のスポンジで巻かれたものでした。普通は下から上に重ねられている層ですが、ペリカンのものは真上から見て層になっているのです。
確か、妹の好きだったケーキもミルフィーユだったと思います。
どうしても思い出せないのは父が好きだったケーキ(苦笑。もしかしたら女子だけで楽しんでいたのかしら^^

バースデーケーキも他のお祝いのケーキもペリカンでお願いしていた記憶があります。

厚めに切ってもらって、トーストして食べた朝食。
薄めに切ってもらったものは、母がサンドイッチにして遠足や、中学からのお弁当として持たせてくれました。

お店がしめられてしまってから、時折あの食パンやケーキのことを思い出すことがありましたが、まさかまた口にすることができるとは!

ネットで調べたらAll Aboutでも紹介されていたのですね。
>>ペリカン~おいしい食パンとロールパン

ペリカン
所在地:東京都台東区寿4-7-4
TEL:03-3841-4686
8:00~17:00
定休日:日曜・祭日

ここのパンを知って、夫は出かけたときにチャンスがあると買ってきてくれます^^
わたしのため、というよりとても気に入ったみたいです。

2 Responses to “懐かしいペリカン”

  1. 元松戸市民 より:

    はじめまして。ペリカンのことを検索してたらたどり着きました。
    やっぱり、上本郷にあったペリカンは、パンで有名な台東区のペリカンの系列だったんですね。。
    長年抱いていたんです、このマークは確かあのペリカンのに似てるけど、パンは作っていてもケーキは作ってないんだけどどうなんだろうって。
    わたしもミルフィーユが一番好きでした。
    柔らかいパイの層の感じは30年近く経ってもよく覚えています。
    ミルフィーユ以外にショコラとサバランもたまに食べていました。
    うちは母親がロールパンも食パンも手作りしていたから、パンはあまり買わなかったのですが。
    松戸を離れた後も機会があってペリカンまだあるかな?と行ってみたらなくなってて、北松戸店もなくなっていて残念に思いました。
    ミルフィーユ、また食べたいものですね。

    • richa より:

      元松戸市民さま
      大変申し訳ありません。ずっとコメントをいただいていたことに気がつかなくて今頃になってしまいました< (_ _)>

      ペリカンのケーキ懐かしいですよね。共有できて嬉しいです。うちも食パン以外は母が焼いていました(^∇^) マドレーヌもよく焼いていて、ペリカンのマドレーヌと形が同じだったことも覚えていますw

      ミルフィーユ、ほんともう一度食べたいですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA