ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 

Mシュナウザー"パセリ&ポプラ"とアウトドアではキャンプやカヌー、インドアではアートやクラフトを楽しんでいる毎日を綴っています。

ひととき城主♪ (& Twitter log)

richa, · カテゴリー: Dialy / memo, For outdoor, twitter log · タグ: , , , , , , , , , ,

お城数本目のインプラントのオペを受け、もう術後の説明はいらないですよねぇ!?と言われ(恥、帰宅するとツイッターのTLにインプラントのオペで、「インプラントで患者4人が提訴 愛知、歯科院長らに賠償求め」という記事を目にしました。

術後、嗅覚のまひや頭痛、めまいに悩まされたり、食事や会話が困難になった方たちがいるそうです。

こわいよ(-_-メ)

今通っているところは、オペした日は夜に電話がかかってきて様子を確認してくれたりしています。(だから、大丈夫と言えるわけではないですが)

歯医者だけじゃなく、病院って選ぶのが難しい。
信頼できる人のお薦め、信頼している人が関係している、そんなことで選ぶようにしていますが、それでまかなえないこともありますしねぇ。

不信感持ったら、おしまい。
でも、無防備に信用もしちゃいけない。

などと思いつつ…お城を立てにいく夫ししたろにパセ&ポプとついていきました。

なんの取説もなく、いったいどこから手を付ければいいのやら〜と、巨大に広がった幕体を見て一瞬途方に暮れたわたしたち(笑。
中にテープが通っているのでそれを頼りに形を整えていけば良さそうです。
フレームを入れ、ポールを立てると、お城の形が出きてきました。
立てるとき、風が吹いていると辛そうですね。

詳しくは夫のレポが出来たらリンクしますが、
詳しくは夫のレポをご覧ください。(VAUDE ファウデ Explorer Castle)

立ち上がると広大なプライベートスペースが出来ます。

海外では土足で上がるだろうグランドシートは、日本人の場合快適なお座敷スペースになるでしょう。
パセ&ポプは幕体とグランドシートの間に開いているスペースから外にも出てしまえるので、ノーリードには出来そうにありませんが…。あれとかこれとか使ったらもっと快適に、パセ&ポプも自由に過ごせるんじゃないかしら?なんて考えるのが楽しいお城でした。スノーピークのリビングシェルにルームを提案したときのよう^^

なんと言っても、この広さ!

テント内で側転出来ちゃいそうな程、天井(?)が高く、広いのですよ。側転、試してみればよかった^^;

雨の日撤収は勘弁してほしいけど、立ててしまえば少人数でも、大人数の宴会場兼ベッドルームとしても充分活躍してくれそうに感じたお城です。

立ててから1時間ほどでこのお城はまたぺたんこになって収納バッグに納まり、夕焼けに染まる空の下パセ&ポプと散歩。

パセリは今朝食欲不振で、心臓の薬も飲まなかったので、あまり体力的にもはしゃげず、本来のパセリらしさが出せなかってかもしれませんが、それでも喜んでぼうぼうと茂る草を食べたり踏みつけたりして楽しんでいたと思います。そんな姿を見るのはこの上ない幸せ^^。

あ、そうそう、書いておかなければ。

さすが、お城ということがあったのです。
素晴らしい音楽家たちの演奏です♪

私たちがこのお城を立て始めたとき、ほぼ同時に近くでデイキャンを始めたグループがありました。

火を熾し、バーベーキューを始めたのですが、そのメンバーみんながそれぞれ楽器を持ち出し、沖縄民謡のような音楽を奏ではじめました。

風に乗って、笛、打楽器、ベース、歌声が、緑の香りとともに心地よく流れてくるのです。
(他に誰もいませんから、わたしたちだけが聞けた演奏ですw)

わたしたちがパセ&ポプとの散歩をして車で出て行くまで、素敵な音に包まれて過ごすことが出来ました。直接伝えられませんでしたが、ありがと♪と心の中でつぶやきました。

お城はVAUDE ファウデ Explorer Castle 、今なら特価です。

以下、ツイッターログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA