ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 

Mシュナウザー"パセリ&ポプラ"とアウトドアではキャンプやカヌー、インドアではアートやクラフトを楽しんでいる毎日を綴っています。

パセリ、肺炎で呼吸困難〜完治まで

richa, · カテゴリー: 2012年, 健康, 病気・怪我 · タグ: , , , , , , , , ,

備忘録のためと、もしかしたらどなたかのお役に立つかもしれないのでメモとして…。

先月末のもうパセリと別れることを覚悟して!と言われた夜から、昨日再検査をして先生にも驚かれたパセリの完治宣言まで。

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

4月26日の夜9時過ぎのことでした。
足下で寝ていたパセリが咳を2-3回して、とことこと歩き、夫のそばまで行って寝始めました。

少しして、夫が「パセリの息が荒い!」と言うんです。

いつもの大げさな表現じゃない?なんて思いながらも見にいくと、見ているうちにどんどん息が浅く回数が増えていきました。
夫は、この状態はかなり危険だと思う、と何度も言います。
それはいくらなんでも大げさでしょと思いつつ、でもまさかということもあるし…。
とにかく病院に電話してみよう、とかかりつけの病院に電話しました。

この時間は電話には出てくれないことはわかっています。でも、留守番電話に入れることができたはずです。緊急性があれば折り返してくれることになっていました。
が、電話をすると留守番応答の音声が流れるだけ。
しかも夜間はこちらの川口にある病院に電話してくださいとたった一回だけ電話番号が流れただけでした。

一応再度かけ直して、電話番号をメモしました。
パセリは横たわったまま、荒い息をしているままです。

次に、前にもポプラを夜間に診てもらった24時間対応の病院に電話しました。
が、こちらは電話に出てくれたものの、無情にももう24時間対応はしていないとのこと。

この時点で慌て始めました。
すでに私たちはお酒を飲んでいたので自分たちでは運転できません。
遠くの病院へ行くには普通のタクシーで行ってもらえるのだろうか…。

掛かり付けの病院が留守電で言っていた川口にある病院にも電話をしてみました。
夫がパセリの様子を伝えると、それはとても危険な状態と言われたそうです。
連れて来るにも今の状態のパセリには遠過ぎるとも…。

夫は、今回は覚悟した方がいいと思う、と何度も言います。

いざというときのためにペットタクシーや他に診てもらったことのある病院のカード等を調べようとすると、カードがばらばらと落ちました。
かなり慌てていると自分でも思いながら、散らばったカードからペットタクシーや診察カードを手にしてもどれも今は対応していない時間だと確認することができただけでした。

ツイッターで情報を、とツイッターに書き込んでみました。神頼みならぬ、フォロワーさん頼み。

簡単なことなのに打ち間違いを何度もして、なんとか書き込み。
パセリの息はどんどん荒くなって、とても辛そうです。
以前買ってあった酸素缶も、使用せずに時間が経ったので捨ててしまっていました。また買っておこうと思いつつ、こういうときに用意していなければなんにもなりません。

パセリのそばを離れてパソコンに向かうことにどこか後ろめたさを感じながらも、ツイッターを覗くとどんどんメンションが入っていました。

暖かい言葉や情報にぼろぼろ涙しながら、市川にある刈谷動物病院の名前がちらちら見られました。
市川に行こう!

そんなとき、友人から電話がありました。墨田に救急病院がある、と。パニクっていた私は電話を夫に変わってもらい、市川に行くための準備。市川だったら妹に車を出してもらおうと話をしに行きました。
妹が車を出してくれることになったとき、夫が昔お世話になったことのある自宅に併設している病院のことを思い出し、とりあえず電話をしてみました。
電話に出てくれた先生は、状況をゆっくり聞いてくれました。やはり危険な状態だと思うので安静にするのがいちばんだと思うが、30分間の様子の変化をしっかり見て、どうしても診せたかったら連れて来てと言ってくれたそうです。

変化ってなにで判断すればいいのか…。30分間、時計の秒針とパセリの呼吸を数えることにしました。
呼吸数は小型犬20~30回/分らしいところ、78回でした。30分経っても変化せず。

やはり診て頂こう。
23時過ぎ、病院に電話をし妹に送ってもらって病院へ。
電気を点けて待っていてくれていました。
15年近く前にまだ幼いパセリが嘔吐しては慌てて駆け込んだり、トリミングでバリカン負けしては駆け込んだり、膀胱炎になって診てもらった事もある病院です。
診察台に横たわるパセリに聴診器をあて、触診し、出来ることは利尿剤を打って心臓を楽にさせてあげることくらい、とパセリには利尿剤が打たれました。

これだけ意識朦朧としていて、足先も冷えている状態なので、治ってすくっと立ち上がるようなことはありません。

入院させると…立ち会えないかもしれないので、一緒に帰った方がいいでしょう。

先生が仰った言葉です。

えっ、えっ、ほんとに???
でも、絶対ない、なんて言うことも出来ない。

冷えているから暖かくして、あまり触れたりすることもしないで安静にして…という先生の言葉。

 

タクシーを呼んでもらい、お礼を言って外に出ると、深夜の静かな住宅街は雨の音だけが響いていました。昔北海道に行った時にだけ使ったキャリーバッグにパセリをそっと寝かせて、パセリに手を当てつつ、雨が車の窓を幾筋も流れている様子をぼーっと見ながら、家に戻りました。

相変わらず息が荒いパセリ。

いつものように一緒のお布団に寝かせたのですが、利尿剤のせいでトイレが近いらしくよろよろと立ち上がりトイレに向かおうとします。一面トイレシートを敷き詰めているから無理をしなくてもいいのに、パセリにはそんなことわかるわけないんですよね…。

触れないようにと言われても触れて、パワーを送りたいんです。
寝ているときはいつもぽかぽかになる肉球が冷えているので手で温めました。

大丈夫、だいじょうぶ、バセリはまだまだ大丈夫…。念仏のように声に出したり心の中でつぶやいたり。

時間が経つにつれて、パセリの肉球は温かくなってきました。

ポプラは、ときどき様子を見に来て、パセリを覗いてはまた自分の昼間のベッドに戻って一眠り。

覚悟をしろと言われたって、やっぱりすくっとケロッと治るパセリを想像しました。
どれだけ、わたしって楽天的なのよ、と何度も自制しました。

先生にも言われているし、15歳という年齢もあるので、いつかその時は来ます。
その時、パセリに負担になるようなことはしない。夫とまたそんな話をしました。
すでに幼なじみのキクちゃんやマリリンもカヌー&キャンプ仲間のドクちんも別の世界に行ってしまいました。パセリだって行きたくなるかもしれないよね。
でも…、もう少しこっちの世界で一緒にいて欲しいよ。

小さいときの話から、つい最近のパセリのこと、日本中一緒に旅した思い出話なんかしながら、時に笑ったり、止まらない涙をどうすることもできなくなったり…。

気のせいか、パセリの息づかいが少し楽になってきたようでした。
顔も随分穏やかになってきたように見えました。

4時だったか5時だったか、そんな様子に気が緩んだのか、パセリに寄り添って寝転がったらうつらうつら。

すると、パセリは暑いらしくお布団から出て行くんです(・Θ・;) 暖かくしてと言われたけれどパセリが暑いというのだから好きなようにさせた方がいいのかな…なんて思いながら、なんと眠ってしまったみたいです。

2時間ほどして起きると、パセリはまた移動して違う場所で寝ていました。
あんなに上下していた胸が静かになっています。
思わず近寄って息しているか確認してしまいました。

大丈夫、いつもと変わらないくらいの息づかい。ε-(´▽`) ホッ

トイレを覗くと、ん? これは誰のもの?
ふたつあるけれど、ひとつはポプラのもの。もうひとつはどう考えてもパセリのもの。

えっ、私たちが寝ている間にひとりで起きてひとりでトイレに行って用を足したの?
もちろんそういうこともあります。
けれど、目が見えなくなってからトイレまで辿り着く前にこの辺でいいかな?としてしまうことだって多々あります(苦笑)。

お布団の脇に寝ているパセリは、いつものパセリと変わらないように見えました。
数時間前まであんなに辛そうな息づかいだったのに…。

睡眠時間が少なかったため栄養ドリンクを夫とふたりで開けながら、パセリも大好きだからこの匂いにパセリもむっくり起きたりしてね、なんて話しつつ様子を見ていると…。
鼻をくんくんくんと動かしはじめました。
すごい!
そして、頭をあげて、むっくりヽ(*’0’*)ツ ワァオォ!!

先生、起きることはないって言ってましたよ!!!

いや、考えてみれば、トイレトイレと起きてたし…(笑)

起きたパセリは「ください」ととことこ歩き、いつものように栄養ドリンクをごくごく。
それからはおなかすいた〜とまったくいつもと変わらないパセリでうろうろ。

えっ、昨日のあの数時間はなんだったの???

とにかくごはん、といつもの手作りごはんを作って出すと、パセリもポプラもがつがつがつ。
またまたいつものようにポプラが少し残したお皿を探して、鏡のようになるまでぺろぺろなめました。
(後から考えて、いつものごはんで良かったのか疑問でしたが、パセリはまったく問題なかったみたいです^^ㆀ)

あまりに普通に見えるパセリですが、一応安静と言われているので、様子を見つつ仕事を片付け掛かり付けの病院に相談してみることにしました。

電話をして昨晩からの様子を話すと、開口一番「レントゲンは撮りました?」と聞かれました。検査は何もしていないことを告げると、とにかく診てみましょうということで午後の診療時間に向かうことにしました。

また昨晩のような状態になることが怖くて、抱く時も胸を圧迫しないよう、咳が出ないよう注意して病院へ。
心臓の病気はありますが、つい先日診察してもらったときには変化なしという診断でした。
いきなり心臓が悪化するなんてことがあるの?というあまりにも簡単な疑問がやっとまた浮かんできました。昨晩の「危ないかも」と言われた時にはっきりとあった疑問が、その後慌てたことですっかり消えてしまっていたのです。

午後、ぐっすり寝ているパセリをそのまま車に乗せて出発。車に乗るとすぐ寝るパセリはそのまま車でもくうくう寝入っていました。
昨晩やっぱりよく眠ることができなかったからその分眠っているのでしょう。
抱っこされてもくうくう。
診察台でもくうくう。
血液を取られたときはさすがに顔を起こして「なに?」
レントゲンのときは少し抵抗していましたが、診察が終わるまでほとんど寝ていました。
今までのパセリではあり得ない姿です。

すうすう寝ているパセリの脈をとる先生が徐脈ですね、と言いました。
脈拍が60とゆっくりで、神経系の発作も疑っていました。

熱も平熱、心電図も正常。
レントゲンをみると、肺水腫はなく、右肺の上部が白くなっていました。

徐脈は呼吸器系の疾患のときにもなるそうで、肺の炎症から呼吸困難になったのだろうという診断になりました。

誤嚥性肺炎。

パセリは食後2、3時間して呼吸が荒くなったのですが…
誤嚥を防ぐには起きてすぐ食べたり、食べてすぐ寝ることを避けた方がいいそうです。

ビルデンタマイシンが処方されました。

 

 

 

回復してすくっと立つことなどあり得ませんて言われてたのに、
朝には呼吸も楽になっていて、しかも私たちが少し眠ってしまったときにトイレにひとりで行って用も足していたの(笑)
栄養ドリンクの匂いに鼻ひくひくさせてすくっと起きたし(^◇^;)
先生のあの言葉はなんだったの?って笑っちゃうくらい。

もちろん、肺炎は怖いのでまだ気は抜けませんが、幸いにも白くなったのは一部でかかりつけの先生もそれほど気にすることはないと仰ってました。

14歳になるくらいからいろいろ覚悟させられる時があったけど、今回は夜中診て頂いた先生の言葉もあったからかなりきつかったです。

 

—————————————————————–

 

そして、5月4日。

再検査してもらうため病院に行きました。
あの魔の夜の翌日からケロッとしていたパセリですが、年齢も年齢ですし、楽観してはいけないと自制してきました。再検査の結果で本当に安心出来るまでは…と。

 

ゴールデンウィーク中で診療時間は午前中のみ。フィラリア検査で混む時期でもあり、一時間以上待ってやっと診察の順番がきました。
この前はネムネムのパセリでしたが、今回はしゃっきりと起きています。
熱を測られた時点でムっとしていました。
そして、血液検査。
かなりパセリとしてはムカッとしていました^^ㆀ。

30分ほどで検査結果が出て、先生がその結果を見ながら言いました。

「あら〜、すっかり正常値ですね」

15歳という年齢だから、もう少し時間がかかると思っていたような口ぶりでした。

パセリは、だからもう大丈夫だって言ったじゃないっていう顔しているし(^◇^;)
わたしたちは、これで本当に完治宣言が出来る!って\(^o^)/ヤッター!って感じ。

 

ツイッターでは沢山の方から暖かい言葉をいただきました。
毎日のように、パセリのことを気にかけてくださる方もいらっしゃいました。
本当にありがとうございました。
おかげさまで、パセリの完治をお伝えすることが出来るようになりました。

遅くなりましたが、この場でお礼とご報告をさせていただきます<(_ _)>

 

おまけ

今日5月5日。しばらく天気も悪かったこともありますが、パセリの散歩はオヤスミしていました。
今朝の散歩もポプラと一緒にカートで出たのですが、夕方夫がパセリを外に連れ出すと、またパセリはすたたたたたっと軽やかな足取りで駆け足したり歩いたりしてお散歩もできました。ヽ(^◇^*)/

もひとつおまけ

今日、パセリはしばらくぶりにパセリらしい声を出したそうです。夫だけがその声を聞き、勝ち誇ったように何度もあのパセリの声を聞いちゃった〜と言っています。
(ここ数ヶ月、パセリは吠えていません。低い声で声を出すことは頻繁にありますが、高い声はホントに少なくなっています。)
夫だけが聞いたことはちょっと残念ですが、次は私も一緒に聞けると思います。
あ、もしかしたらポプラも聞いている! ということは私だけが聞いていないってことね…( ̄△ ̄;)

ま、いいか。パセリの復活は素晴らしいもの〜ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪

ごめんなさい、結局パセリお馬鹿なエントリになってしまいました(^◇^;)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA