ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 

Mシュナウザー"パセリ&ポプラ"とアウトドアではキャンプやカヌー、インドアではアートやクラフトを楽しんでいる毎日を綴っています。

ポプラ、フォルテコール5mgに

richa, · カテゴリー: 健康, 僧帽弁閉鎖不全症, 病気・怪我 · タグ: , , , , , , ,

少し気になったのでポプラを連れて病院へ。

あまりに突然、ポプラも僧帽弁閉鎖不全症と診断され、フォルテコールを飲ませ始めて2年半になりました。
パセリは若いときから心臓が…と言われていて、薬を飲み始めたのは12歳になってからですから、ポプラは約2年早く薬を飲み始めたことになります。なんでもパセリの真似っこをするポプラ、こんなところまで真似して困ります(苦笑)。

そんなポプラですが、最近そろそろ薬を増やさないといけない ?と思っていました。
ちょっと咳もしていたので。
この咳は、ポプラが小さい頃からあったのですが、心臓は全く言われてなかったんですよね〜。不思議。

レントゲンを撮って見たら、やはり少し心臓は大きくなり、気管を圧迫しはじめているようでした。
パセリのときはこんなレントゲン写真見せてもらわなかった気がしますが…。

こちらはK先生が「?」と気付いてレントゲンを撮った2011年4月28日のもの。
今日の画像と比べると気管(喉から続いている黒い線)が背骨に並行になり、はしゃいだりして心臓が大きく動くと背骨や筋肉に気管が押し付けられて咳がでてしまうそうです。

ただ、今日のポプラは、最近診察をお願いしているO先生が喉に刺激を与えると小さく咳をしたので、咳に関しては心臓以外の原因も考えるとのことでした。ポプラのこの心臓の状態からフォルテコールは5mgに増やす方がいいとのことで、一週間様子を見て咳が変われば心臓、そうでなければ別なことを探るということになりました。

このレントゲンや診断では心臓以外に特に気になる所はないとのことでε-(´▽`) ホッ

 

病院に行く前にラッセラという漢方薬について調べていました。
パセリのときも調べていたのですが使わなかった薬。今日調べたらネットでは咳の症状が良くなったという情報が多いようで、なぜパセリに使わなかった?と後悔の波が押し寄せて来てしまいました。もし使っていたら、パセリはもう少し私達と一緒にいてくれた?と。病院に行く車の中でもメソメソ。パセリはパセリ☆になって自由に遊んでいるから私の身勝手でもっとそばにいて欲しかったなどと望んじゃ悪いとも思うのですが、いったん涙の防波堤が崩れると危険なんですよね(苦笑)。
でも、ま、最近はわたしもその涙門のコントロールが上手くなったようです。病院に着いたときには目も乾いていました。

O先生にラッセラの使用についてお聞きすると、「あまり良くない」とのこと。
以前はこの病院でも使っていたけれど最近ではもう使わないんだそうです。効果が見られなかったというお話でした。

パセリのときも違う先生にお聞きしていたのかなぁ〜。すっかり忘れています。

さ、明日からはポプラはも5mg!
パセリのように、パセリ以上に元気でいてよ〜、ポプラ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA