Notice: Undefined property: stdClass::$post_name in /home/sites/heteml/users/c/a/s/cascadeloop/web/pyonpyon_daily15/wp-includes/template.php on line 329
ダイ | ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 
Tag name:ダイ

カトルバグ 〜必要なもの〜

ダイカットマシンには手を出すまいと思っていた私が先日思いがけずカトルバグを手にすることになったのですが、それまでまったく考えていなかったのでわからないことだらけ。調べまくりました。
まずはいったいどんなことが出来るかもわかっていなかったし、どういう機能になっているのかもわからず…σ(^_^;)

海外の動画サイトやブログをかなり拝見しました。
最初は…
Aマット? え、BマットにBマット?
サンドウィッチするのね。ふむふむ。
えぇ〜っ、Bマットって傷だらけになるの?
ダイはどっち向きにすればいいの? もっと細かく見せて〜。動画じゃわからな〜い。ブログでもわからな〜い(苦笑)
今度はCマット? なにそれ? そういえばCマットって購入したカトルバグには付属してた? ついてないよ〜。
必要なの? とまた海外サイトへ…。
を繰り返しなんとな〜くわかった気にもなってきました。
そして無事カトルバグを手にしたわたしは「そうだ、あんなことができるって見たからこんなことやってみよう」とトライ。
試行錯誤しながら成功!ヽ(^◇^*)/ ワーイ
しかし、一度成功してもすぐ忘れてしまうんですね、試行錯誤の末の成功ですから。しばらくしてもう一度、と始めるとやり方を忘れています。
なので備忘録として書き留めておくことにしました。ここまで来るのに前置きが長くなりましたね(笑)
こんなメモがどなたかのお役に立てたら尚嬉しいのですが…。

 

とりあえず、私が疑問に思っていたこと、

ダイカットマシンって何が出来るの?
なにが必要なの?

ということから。

ダイカットマシンには私の購入したカトルバグ以外にビッグショットやバガボンドなどなどいろいろあります。わたしはカトルバグしかしらないのでカトルバグのことだけしか書けませんが…。

ダイカットマシンというかカトルバグで出来ることは、ペーパーを挟んで圧を掛け、ダイという型を使ってペーパーをカットしたり、エンボスフォルダーやステンシルなどを使ってペーパーに凹凸をつけることです。

そして必要なものは、本体と圧を掛けるために厚さの調整をするマット、ダイという型、エンボスフォルダー、ステンシルなど。
今回はこの必要なものたちについて記します。

まずは本体、わたしのはこちら


(さらに…)

カトルバグ アンナグリフィンバージョン♫

数日前のことですが、わたしには無関係、手を出さないわ〜と思っていたダイカットマシーン「カトルバグ」が届きました(笑)。
カスケードループのお客様Kさんが背中をどーんと押してくださってw。

ツイッターとFBには画像だけ載せましたが、これ↓

この方がいらっしゃる前に、必要なものも発注していました。以前は付属していたというCマットや、エンボス用のゴムマット等々。
別々の日に頼んだのに、なぜかみんな一緒の日に到着してびっくりしつつも大盛り上がりなわたし(*´艸`*)♪ (さらに…)