ぴょんぴょん・おーじ-Daily PYoNPYoN 

Mシュナウザー"パセリ&ポプラ"とアウトドアではキャンプやカヌー、インドアではアートやクラフトを楽しんでいる毎日を綴っています。

フィラリア検査の諸々検査

richa, · カテゴリー: 2012年, 健康, 僧帽弁閉鎖不全症, 病気・怪我 · タグ: , , , , , , ,

フィラリア検査の時期は、病院が激しく混み合います。
パセ&ポプを診てもらっている病院からまだお知らせはがきは届いていないのですが、記憶によればすでに検査は始まっているはず。と、電話で確認すると、今なら空いてますよ〜とのこと。

午後の診療時間に合わせて向かいました。
が、駐車場いっぱい。混んでるじゃん(笑)
まあ、あの病院なら空いている方かな(^◇^;)

パセリが診てもらい始めてから、今も変わらずにいてくれる先生は院長含めて3人。他の先生方はみんな新人。
このところ、その最初からいてくれて、手作り食を唯一応援してくれたK先生にお願いしているので、今日もお願いしました。

血液検査の結果は後日電話で知らせてくれます。

今回は、気になっていたポプラの小指の先よりもずっと小さなしこりと耳の裏側の皮膚も診てもらいました。
昨年暮れから相次いでお友達の犬さんたちが腫瘍で逝ってしまいました。
数年前から様子を見ましょうと言われたしこりで、大きくもなっていないのですが、気になる毎日だったので調べてもらいました。
結果、脂肪腫でした。(´▽`) ホッ

耳の皮膚も菌があるわけでもないので、オイルでマッサージしてください、とティーツリーのオイルがでました。
こちらも(´▽`) ホッ

そして、パセリ。
脳神経からの視力低下と体重・筋肉減少のようです。一年前くらいは9kgあった体重がなんと6.8kg。
軽くなっているのはもちろんわかっているけれど怖くて体重計れなかった。数字で聞くとやっぱりどーんと来る。
でも、歯は一本も抜けていないし(一度抜けた!とツイッタターで誤発信してしまいましたが)、お散歩も全然OK。
数年前に、心臓よりもなによりも覚悟して欲しいのは背骨、と今はこの病院を去ってしまった当時の副院長が青い顔して言っていたけれど、未だに平気でいるパセリ。

パセリも、ポプラも、心臓は変わらず状態で、こちらも(´▽`) ホッ

そういうわけで、パセリの脳神経活性化が課題です。
今のところ1年前からあげているピクノジェノール頼り。イチョウ葉のエキスもいいのかな〜。
パセリの負担にならず、効くものがあったらいいなぁ。

パセリが心地よく毎日を過ごせることが一番!
そしてポプラも、これからも弾む元気でいてくれることが一番!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA